猫の健康とキャットフードのお悩み解決

キャットフードは安かろう悪かろう。外国産のキャットフードに落ち着きました

雄猫2匹
私は東京在住の20代、主人と2人暮らしで共働きです。飼っている猫は雑種で、現在2歳8ヶ月になるオス猫の兄弟が2匹います。

生後2週間の時に2匹同時に引き取り、最初はミルクで育て、少し大きくなってからはドライフードとウェットフードを併用して与えていました。その時は、特にメーカーにこだわりもなかったので、ホームセンターで購入した安価なものを与えていました。

よく食べていましたし、猫たちも気に入っているようだったので、特に問題ないと思っていたため、主に金額で商品を選んでいました。

ところが生後半年頃、動物病院で去勢の相談に行った時、フードは普段何を食べさせていますかという話になり、そこで初めてホームセンターで売っているような商品は添加物が沢山入っていることを知りました。

生後1歳までの食事(キャットフード)が大切!

また、生後1歳までの子猫の期間の食事がその後の身体をつくるため、しっかりしたフードを与えることで、将来病気になりにくいという説明を受けました。それからすぐに、添加物が少なく、猫の身体にも優しいものに買い替えることにしました。

重視した点としては、ずっと継続して購入していける程度の金額のもの。また、猫の食いつきがいいもの。そして何より猫の身体に負担が少ないということです。

最初は獣医師からすすめられたドライフードを購入して食べさせてみましたが、あまり食いつきはよくありませんでした。その後、他の商品もいくつか試しましたが、これというものに出会えず、また2匹の食事の好みにも差が出てきてしまいどうしようか悩んでいました。

何度も買い替えましたが‥

何度買い替えてみても食いつきが悪く、少し食べただけの沢山残っているフードが何種類もある状態でした。

ところが去勢後、獣医師から「去勢したオス猫専用のドライフード」を勧められ、与えてみたところ、2匹とも今までにない勢いでガツガツ食べてくれました。

外国産のフードですが、開封した時点で人間の私でも分かるほど香ばしい、いい香りがしており、猫にとってもきっと美味しいのだろうなと思えました。あれから約2年、2匹とも飽きることなく、今でもこのフードが大好きで、健康状態も安定しています。

最初は安くて添加物の多いキャットフードを与えて後悔してます

私の知識不足で、最初は安くて添加物の多いものを与えていたことを後悔しています。今はたとえ少し値段がはっても、可愛い猫の健康に繋がるなら安いものだと思っています。

もし悩まれている方がいましたら、一度動物病院で相談されることをおすすめします。病院で少量のサンプルが貰えるため、猫が食べてくれるかどうかの確認も出来ます。なにより自分の猫に合ったフードを選んでもらえますので、安心です。