にゃんたす|猫の健康とキャットフードとしつけのお悩み解決

猫のお悩み解決!安全・安心な猫の暮らし・にゃんこお助け隊

高齢のメス猫の病気、膀胱炎で薬入り国産キャットフードに買い替えました

チンチラシルバー
私は名古屋のマンションで夫と2人暮らしで、チンチラの8歳の女の子を飼っています。ちなみに避妊手術済みです。

飼っている女の子の猫が膀胱炎になりました。おしっこの際、血尿が出て痛そうなので病院に連れて行ったところ、膀胱炎と診断され、薬で治ったのですが、再発を繰り返すようになりました。

獣医に相談したところ、猫用の尿路予防の薬が入ったキャットフードが販売されているそうです。そこで、高齢になった猫は膀胱炎の予防と再発を防ぐため、薬入りキャットフードを常に食べさせたほうが良い、との事でキャットフードを替えることにしました。

膀胱炎を再発したので、まずは海外製のキャットフードを買いました

買い替えを決めたのは膀胱炎の再発を繰り返した去年の2月ごろでした。尿路予防の薬の入ったキャットフードは、外国製のものから国内生産のものと色々あり、価格も10000円ぐらいするものから1000円程度のものまで色々ありました。

病気の再発を防ぐためには仕方ないと思い、近所のホームセンターで海外製の1kg8000円もする、高級なものを選びました。

買い換えて食べさせると、美味しいのかよく食べますが、膀胱炎は治りません。キャットフードの袋の文字も何を書いているのか良く分かりません。店員さんに尋ねても、間違いなく膀胱炎の薬の入ったものだから、食べさせつずけて見てくださいといわれました。

それでも治りませんでした。1ヵ月待たずして、そのキャットフードには見切りをつけて、別のキャットフードにもう一度買い換えることにしました。

安い国産のキャットフードが効きました

今度は、ペットショップに相談して、膀胱炎の再発を防ぎ、予防するための薬の入ったキャットフードを探していると店員さんに相談すると、国産の1kg1200円のキャットフードをすすめられました。

安いもので大丈夫なのかと思いながら、食べさせてみると、よく食べて一週間ちょっとで膀胱炎は治りました。

前回買ったキャットフードは、ホームセンターで購入したものでした。全く治らなかったのですが、国内製のものにするとすぐに効きました。それ以降、再発もしておりません。

専門家に相談してキチンとしたキャットフードを選びましょう

その国産のキャットフードの袋を見ると、納得のいく猫の尿路の病気の原因などが詳しく書かれておりました。買い換えの失敗の原因は、高いものほどいいと思って、何も考えずホームセンターで薬り入りと書かれているコーナーから、値段だけで決めて海外製のものを選んだ事です。

専門家に相談して、キチンとしたものを選べば、えさ代も安くついたし、猫も苦しまずにすみました。1kg8000円も出していたのでは家計が持ちません。

高齢になってくると、膀胱炎はメス猫にはつき物の病気のようなので、猫の体をよく理解して、専門家に相談してキチンとケアしてあげることが大切です。

  • 【記事下】アドセンス

サイトマップ