猫の健康とキャットフードのお悩み解決

高齢になって、吐く回数が増えたのでキャットフードを高齢猫用に替えました

雑種
私は両親と3人で暮らしている27歳の女です。朝から夕方まで事務の仕事をしていて、両親も働きに出ているので、全員が仕事の時間帯は猫だけが自宅にいる状態です。

私たち人間と同じように動物も歳をとりますよね。飼っている猫も人間で言うと高齢にあたります。自分たちの健康のことを気にするだけでなく、飼っている猫にも長生きして欲しいと思ったので、体に影響が出やすいであろう餌から考えてみることにしました。

餌を変更するまでは、成猫用のものをあげていましたが、吐く回数が多くなってきたのが気になったので、高齢猫用のものがないか探してみました。まず国産のキャットフードであること、高齢の猫が対象であること、手に入りやすさ、この3点に重点を置いて検討することにしました。

鰹節とまぜると、鰹節だけ食べてました

スーパーなどでも買える高齢猫用の餌をあげてみると、いつもと違う餌の匂いに戸惑ってなかなか食べませんでした。うちの猫は鰹節が好きなので、新しい餌に混ぜてあげても鰹節だけ舐めとってしまう始末…(笑)

以前、あげていた餌に混ぜることから初めて、少しずつ量を増やしていくことで慣れてもらいました。しかし、長年あげてきた餌の味のほうが好みだったのか、ある日突然食べる量が減ってしまいました。

また、少しずつ以前の餌の量を増やして、元の餌に戻すことで一旦リセット。これを何度か繰り返して、3種類目でやっとお気に召してもらえたようで、今はその餌を継続して与えています。

餌を変えてみると、食べなくなるというとてもわかりやすく反応してくれたうちの猫に感謝です(笑)

帰宅したら、すぐにトイレなどのチェック!

また、お腹を下したり吐く回数が多くなったりと、体調面での変化も欠かさずチェックすることが大切だと思います。

私の場合は猫が高齢だったという事もあり、細心の注意を払っていました。家族の帰宅時間が微妙にずれており、母が一番最初に帰宅するのでトイレ等のチェックをしてもらっていました。

餌が短期間でコロコロと変わるのも猫にとってはストレスかもしれません。なので、それを考慮して、長い期間をかけて餌を変更しました。

いきなり新しいエサだけを与えたのが失敗でした

今思えば、初めて餌を変えようとした時、いきなり新しい餌だけを与えてしまったのは間違いだったなぁと後悔しています。

また、長年あげ続けてきた餌であればあるほど、別の餌に変更するのは難しいかもしれません。ご褒美などであげている缶詰などがあればそれを活用するという方法もあると思います。

それぞれの猫ちゃんに合った方法で試してあげることも大切なことだと思います。