にゃんたす|猫の健康とキャットフードとしつけのお悩み解決

猫のお悩み解決!安全・安心な猫の暮らし・にゃんこお助け隊

猫のアレルギーについて。残飯を漁られないように対策!

三毛猫
私は郊外で両親と一緒に実家に住んでいまして農業をやりながら、在宅ワークでデザインの仕事などもたまにやっている20代男です。皆さんはお家で飼っている猫はいますか? 私は小学生の頃からずっと犬や猫をはじめとした動物たちに囲まれて生きてきました。

実家で、もともと捨てられていた雑種の猫三兄弟と一緒に暮らしています。 猫はマイペースで運動神経もよく、かわいいので好きな人は多いかと思います。 癒しですよね。

今日はそんな中で食物アレルギーになってしまったうちの猫を例に出して、皆さんにも出来るだけのアドバイスをさせていただきたいと思います。

うちの猫三兄弟の中で、三毛の女の子「ちゃみ」という子がいます。 とても食いしん坊で、特に人間の食べ物を食べたいという気持ちが強いですね。

夜中に台所の三角コーナーの残飯を食べたのが原因

食物アレルギーになったのは昨年の10月くらいです。 こちらで人間の食べ物をあげるということに関しては、猫にとって害のないものに絞っていたのですが、どうやら夜中に三角コーナーに残った食べ物を食べてしまっていたようでした。

それが原因だと気づくのには時間がかかったのですが、しばらくの間、毎日のようにゲロを吐いてしまっていました。 最初の頃は、また何か食べたのかなぁという感じだったのですが、いつまで経っても治らないので獣医さんに観てもらったところ「食物アレルギー」だったという感じです。

人間の食べ物であっても、基本的には猫にとって害のあるものが入っていなければ大丈夫なのですが それでもやはり調味料や、食べすぎということはあるようです。

なんの食べ物かまでは分かりませんが、人間の食べ物(猫にとってはあまりよくないもの)を三角コーナーやゴミ箱から漁って食べていたのが原因のようでした。

特に、うちの三兄弟のうち「クッキー」という金色の毛色の男の子がとても頭がよく、ゴミ箱や引き出しの開け方から、どこに食べ物が隠してあるかまでを正確に把握していたのもあって、隠しておくなどの対策はあまり意味がありませんでした。

アレルギー対策のキャットフードを獣医さんから購入

それから獣医さんに観てもらい、ちゃみに関しては食物アレルギーを抑えてもらうための国産の無添加で安全なキャットフードをいただき、それを今でも食べさせています。(もうゲロは吐いていません)

ポイントとしましては、 「ごみ箱を漁って残飯を食べたい猫は多い」「人間と同じでお腹が減れば食べ物を漁る」「猫によくないものや、捨ててあるものを食べれば体によくないしアレルギーになる」というところでしょうか。

今では不思議とちゃみはお腹があまり減らないようで、(キャットフードのおかげ?) 漁ること自体が少なくなっているのと、 食べ物は必ず三角コーナーからはとり、食べ残しは冷蔵庫か電子レンジに入れています。 ゴミ箱も開けにくいようにしました。

ですので、皆様にはぜひ 「残り物を漁られないようにする」「猫の体調が悪かったら獣医さんに相談する」というところを意識していただけたらと思います。

  • 【記事下】アドセンス