猫の健康とキャットフードのお悩み解決

愛猫たちの元気が一番。国産の安全なキャットフードに切り替えました

スコティッシュフォールド
私はアミューズメント業界で働いている横浜に住む32歳女です。飼っている猫は2匹。アメリカンショートヘアの女の子(8歳)とスコティッシュフォールドの男の子(6歳)です。

一年ほど前までは、この2匹の猫達と3人暮らしをしていたのですが、現在は婚約者と共に4人暮らし。毎日賑やかで癒しに溢れた家族です。

まだ上の子(アメリカンショートヘア)だけだった頃。猫は毛玉を吐く、というのは知っていたけれど、うちの子は吐いたことがありませんでした。特になにか特別な物を与えているわけでもなかったので、吐く吐かないは個体差なのかな?と思っていました。

毛玉ケア用のキャットフードに切替ました

しかし、下の子(スコティッシュフォールド)が家族に加わって数ヶ月、初めて毛玉を吐いたのです。吐くのは猫にとって当たり前のことなのだと思いますが、私にとっては結構な衝撃で…。直ちに、「毛玉ケア用」のフードに切り替えました。

それからしばらく経って、下の子が上の子よりも大きくなり(簡単に言うとデブ)、動物病院でダイエット食を勧められました。これによって、上の子は毛玉ケア用、下の子は体重管理用と、フードを分けることとなりました。

一年ほどでしょうか、この食生活を続けさせていたのですが、上の子は年に一度吐く程度で、フードの効果かな、と思う反面、便秘気味というか、うんちが硬めのコロコロでうさぎのうんちみたいな感じになってきました。下の子は真逆で、週一程度ではありますが軟便だったり、そのうちの何回かは血液まじりだったり。

獣医に相談したら、フードが合ってないのでは?と言われました

予防接種と検診のタイミングで動物病院で相談したところ、どちらもフードが合っていないのではないか?とアドバイスをいただきました。

まず上の子に関して。先生の話によると、毛玉ケア用のフードに含まれる食物繊維の種類によっては便秘になってしまう可能性がある、とのこと。下の子に関しては、これといった原因はわからないけど、合う合わないの問題かもしれないから見直してみた方が良いかも、とのことでした。

この2匹の健康が私の幸せ。なので、さっそく2匹に合うフード探しをはじめました。

上の子は好き嫌いがかなり激しいので、身体に良い、身体に合う、+味が良いという条件をクリアしなければならず、見つけるまでは苦労しました。下の子の舌が肥えてなかったのが救いです。(笑)

国産の無添加キャットフードを購入しました。健康なうんちになりました

現在のフードは少しお高いですが、人間が食べても安心なものしか含まれていない、と謳われているものです。国産、無添加で保存料や着色料はなし、病気で死んだ動物の肉もなし、味も良いみたいですし、何より2人とも健康的なうんちをしてくれるようになりました。

教訓としては、猫のごはんは値段なんか気にしちゃダメ。下調べをきちんとする。これに尽きます。人間のごはんなんかよりも全然安いのだし、そこをケチることなく、人間と同じように身体を思いやったり食べ物を与えるのが大事である、と学びました。