にゃんたす|猫の健康とキャットフードとしつけのお悩み解決

猫のお悩み解決!安全・安心な猫の暮らし・にゃんこお助け隊

安いキャットフードはそれなりの材料だと言うこと。衝撃です(死がい肉や細菌汚染や恐ろしい添加物など)

雑種
私は30歳になってから、遅ればせながら一人暮らしを始めて、家事の大変さやお金のありがたさを痛感している日々…そして、自らの美容よりも健康を意識するようになました(笑)

夜勤を含む3交代の工場勤務で、彼氏もおらず癒しになるには愛猫だけ。猫は雑種で女の子。もうすぐ7歳で、人間の年齢だと44歳ぐらいとか。

で、この子泌尿器系にやや問題がある子でして。過去に飼っていた子を2匹腎臓病で亡くしてしまっていたので、他の子よりもさらに腎臓病になる可能性が高いため、幼いころから専用の療養食を食べさせていました。

安いキャットフードは恐ろしい材料が使われている

療養食だから安心していたんですが、年齢も年齢だしと、ご飯について調べてみました。そしてご飯について調べていくと恐ろしい裏話がわんさか…値段が安いご飯はそれなりの材料だと言うこと。←それなりが知りたい人は是非調べてください。ほんと衝撃です。(死がい肉や細菌汚染や恐ろしい添加物など)

当たり前のように使われている穀物入りのご飯、実は猫には必要な栄養などほとんど入っておらず、むしろそれが原因でアレルギー症状や消化不良を起こす場合もあるとか。

ちょっと待って( ゚Д゚)私が今まで与えてきたお高めな療養食…めっちゃ穀物使用してまっせ。もちろん、すべての猫様達に悪影響を及ぼすわけではないし、穀物使用してるからと完全に悪者にする必要もないと思います。

中には少量の穀物は取ってもいいとお考えになる方もおられますし、穀物不使用のご飯は逆に、腎不全や腎臓病の猫様には負担が大きいので注意が必要とも言われています。

今は穀物は使用してますが、フランス産のキャットフード(泌尿器専用)を与えています

とまぁ、調べれば調べるほど色々な情報が出てくるのですが、今与えているご飯はちょっと考え物だなと、さらにネットをあさり、色々材料を見てたどり着いたのが有名なフランス産のご飯。3か月前からこちらのシリーズの泌尿器専用のご飯にしました。

穀物は使用しておりますが、材料表記が一番多く使用される順とのことで、ここの製品は肉類が一番最初にきていること、腎臓に負担がかからないために、ある程度の穀物使用は仕方ないと考えての結果で変えました。

うちの猫は今まで食べていたご飯を急に変えても気にしない子なので、こちらのご飯に変えた時も全く問題なく食べてくれました。しかし…

安いキャットフードを与えたら、食いつきが悪い!

ちょっと色々あって、ご飯を買いそびれ、注文している間の繋ぎで、急きょ別のちょっとお値段が安いご飯を献上したところ…食いつきが悪!!!!(笑)

本人も「これは違うにゃ」と言った顔をしてあまり食べてくれませんでした…今まで普通に食べてたことあるのに…でも、確かになんかこう…脂っぽい気が…|д゚)

早くいつものフードが届きますように…

まだまだ健康で長生きしてほしいので、もっといいフードがないか模索し続けるでしょうが、穀物不使用は腎臓に負担が大きいと言うのが気になっているので、しばらくはこちらのフードにお世話になります。

今まで安いキャットフードを食べさせていましたが、もう二度と食べさせません

定期的な病院での健康診断も必要ですが、やはり生き物は栄養が一番大事です。自身の愛猫ちゃんの体質、年齢、飼育環境に適したフードを選んで健康で長生きしてもらいましょう!!

とりあえず、安いフードは避けた方がいいです!私が言えるのはそれだけ!!(震災やよっぽどの事情があって、それしかないときは食べさせるしかないですが…)今まで気にせず懐事情で安いご飯を食べさせたりしていましたが、もう二度と食べさせません(+_+)

  • 【記事下】アドセンス