にゃんたす|猫の健康とキャットフードとしつけのお悩み解決

猫のお悩み解決!安全・安心な猫の暮らし・にゃんこお助け隊

キャットフードは無添加で国産の白身魚が原材料のものに落ち着きました

アメリカンショートヘア
私は両親と同居して猫を飼っている26歳のWEBクリエイターです。飼っている猫はアメリカンショートヘアで3歳のオスです。

キャットフードを買い換えようと思ったきっかけは、ラジオ番組でペットの健康について話しをしている番組があり、MCがペットの健康には与えている餌も重要だよと言うような話をしていて、私もその通りだなと思ったのがキッカケです。

近所のスーパーに行けば色々な種類のキャットフードがあり、魚や肉類が入っているキャットフードもあるような事をMCの人たちもいっていて、ペットの餌に興味を持ったからです。

無添加のキャットフードに替えたのは1歳と半月の頃

猫の餌を完全に添加物の入っていない無添加のキャットフードに替えたのは1歳と半月くらいの頃だったと思います。キャットフードを買い換えるときに自分で考えた基準は、添加物が入っていないことと、穀物が入っていないことと、たんぱく質が入っていることです。

理由はネットで調べたのですが、猫は穀物を消化する能力が低いので、消化不良にならないようにしてもらう為と、猫はたんぱく質を作れないので、たんぱく質を効率よく補給できるタイプのキャットフードにしました。もちろん、添加物は人間の体にも悪いので、猫にも良くないと思っているので入っていないものにしました。

キャットフードの購入において失敗した体験は、最初はたんぱく質を多く取れる肉類が豊富なキャットフードのほうが良いと思い、買って猫に与えたました。しかし、家の猫は魚系のキャットフードに慣れており、肉系のキャットフードは臭いのか食べませんでした。

色々なフードのサンプルをもらって試しました

色々なキャットフードの無料のサンプルなどをもらって試して、最終的には、白身魚で構成されている国産のキャットフードならば食べてくれるとわかり、今はそれに落ち着いてます。

このような結果から言えることは、猫にも好みの食材があり初めて食べたりする時に嫌な臭いや、嫌な味がすると食べてくれなくなる可能性があるということです。つまり、新しいキャットフードに買い替えたとしても、食べてくれるとは限らず、それらを考慮して根気強く猫が食べてくれるキャットフードを探さないといけないということです。

私は初めて猫を飼ったので、そんな当たり前の事も知りませんでした。動物はなんでも好き嫌いせずに食べると思い込んでいました。うちの猫も最初は何でも食べてましたから。

無添加で安心のキャットフードでも、猫が食べなければ意味がありません

猫が餌を食べなかった商品はメモに控えて、なぜ猫が食べないのか自分なりに分析をしてみても良いと思います。国産で無添加の安心なキャットフードに替えたからといっても、猫が食べてくれなければ何の意味もありません。

そうなってしまっては何の意味も無いので、キャットフード選びには、安全性と猫が食べてくれるキャットフードを手間と時間をかけて探すしかないと思います。

特集記事一覧

  • 【記事下】アドセンス

サイトマップ