にゃんたす|猫の健康とキャットフードとしつけのお悩み解決

猫のお悩み解決!安全・安心な猫の暮らし・にゃんこお助け隊

グレインフリーの安全な健康志向のキャットフードにした方が、結局は安くついた

白猫
私は北関東の田舎町で人材派遣業の会社の経理で働く30代会社員です。家族は35歳の妻と5歳の息子です。1年ほど前に、1歳になる雑種のキジトラ(現在約2歳、メス)を飼い始め、さらに6ヶ月ほど前に、生後2ヶ月の雑種の白猫(現在約8ヶ月、オス)を飼い始めました。一軒家で、完全室内飼いです。

キジトラは、よく白猫の毛づくろいをしているので、ホームセンターで安売りしている毛玉ケア用のキャットフードをあげていました。白猫は、しばらくは元の飼い主があげていた子猫用のキャットフードを使用していましたが、2ヶ月ほど前からキジトラと同じ成猫用のものをあげるようになりました。

先月、友人が遊びに来た時に穀物を使用してない、グレインフリーのキャットフードをお土産に持ってきてくれました。それまでは、キャットフードの原材料に関してはほとんど気にしていませんでした。

特売品の外国産のキャットフードは主原料が穀物で酸化防止剤などの添加物がたっぷり

確認してみると、これまであげていたものはタイ産で穀物が主原料、酸化防止剤や食用色素などの添加物がたっぷり入っていたことに気づきました。お土産に頂いたグレインフリーのキャットフードは、袋を開けた時、いかにもキャットフードらしいにおいがありませんでしたが、猫たちの食いつきもよく、頂いた分は早々に底をつきました。

それから妻と話し合い、猫たちにはずっと健康でいてほしいという思いから、グレインフリーのキャットフードを与えてみよう、ということになりました。

そこで、インターネットの口コミを見たり、病院などでも意見を聞いたりして、イギリス製、メイン原料はチキン、酸化防止剤は使ってるけど安全なビタミンEのみ、着色料・保存料不使用のキャットフードを選びました。

車で30分ほどの街中にある大型のホームセンターで、1.5kgの容量のものを購入しましたが、ちょっと価格が高く、やや財布に厳しいのですが、ネットの情報や獣医さんに聞いた安いキャットフードの惨状を考えると、また以前の添加物だらけのキャットフードに戻すことはありません。

安いキャットフードの時は、人間の食べ物やおやつを欲しがりました

2匹ともまだ若いこともあり、病気もありませんし、太ってもいません。でも、若いころから健康によい食べ物を摂取しないと、年齢を重ねてすぐに病気になって、逆に医療費がかさんだり、寿命が短くなったり‥とするなら、トータルで考えるとやや値段は高いですが、今の健康志向のキャットフードの方が良いのではないかと思ったわけです。

また、今のグレインフリーのキャットフードを食べた後は、あまり人間の食事を欲しがったりしません。しかし、以前の安い特売品のキャットフードを食べた後は、お腹がいっぱいのハズなのに、食事中や料理中にじゃれてきたり、キッチンのカウンターやテーブルに乗ってきたりする場面が目に付きました。

健康面だけでなく、食後の満足度にも大きな違いがあるようにも感じられます。そして、甘えられたら、つい人間の食事を少しあげてしまいます。さらに、以前はたまにおやつも上げてしまってましたので、以前の安いキャットフードの方が、結局は高くついてました。

今のグレインフリーのキャットフードにしてからは、マナーが良くなり、人間の食べ物もあげてませんし、おやつもあげてません。でも、食事中などによって来ないので、やはり今のフードに満足してるようです。

  • 【記事下】アドセンス