にゃんたす|猫の健康とキャットフードとしつけのお悩み解決

猫のお悩み解決!安全・安心な猫の暮らし・にゃんこお助け隊

去勢手術をしてからダイエット用キャットフードにしましたが、食べませんでした。

黒猫
私は地方都市にあるマンションの1LDKで小梨、猫と旦那と2人と1匹暮らしをしている30代主婦です。

私たちの溺愛する我が子と呼んでいる猫は、4歳になったばかりの男の子。結婚に合わせて、インターネットや地元の猫の里親募集記事、保護施設を訪れ、運命を感じた、当時生まれておおよそ2ヶ月半の黒の雑種の猫を引き取りました。

引き取った際に、保護した施設から、子猫用のカリカリのドライタイプのキャットフードをいつも食べているから、と勧められそのまま同じブランドをご飯として使っていました。

ホームセンターやスーパーで買える外国産の、全部ミックスタイプ(原材料は主にシーフードとチキン)の餌でした。子猫の餌なので栄養価が高いタイプがいいよと獣医さんにもオススメされ、猫的にも味にも不満はなさそうなので安心して与えていました。

去勢手術をしてからキャットフードを食べる量が増えて太りました

引き取って約半年が経ち、おしっこスプレーや病気の予防に去勢手術をしたほうが良いとのアドバイスを受けました。手術を受けたのですが、その際、説明を受けた獣医さんの「食べる事しか楽しみがなくなるから、特に男の子の場合、太ることがある」を軽く考えていました。

猫にも個性があるのでしょうが、我が子はのんびりしたタイプで、あまり活動的な子ではありません。さらに「食べる事での気晴らし」の欲求が強かったのでしょう。

今までどおりのキャットフードを今まで以上に食べ、さらに活動スペースが狭かったこと、私が当時、正社員で日中は仕事で遊んであげる時間も少なかった事により、ほぼ運動もなし。結局、2歳を迎える前に丸々としたぽっちゃり体型になってしまいました。

これではいけない、もう子猫でもないし、大人猫用のフードに変更しよう!と旦那と一緒にホームセンターに行き、体重をコントロールする事という考えから、一番目立つ『ダイエット』と書いてある猫の餌を購入しました。

仕方なく、鶏肉が主原料で穀物不使用の高級で安全なキャットフードを与えました

しかし、味が薄いのか 好みではないのか、鼻を近づけ匂いを嗅ぎ、一口食べた後にキャットフードの入った皿をトレイをひっくり返す、フードが入っているにも関わらず大声で鳴きつづけるといった、反抗的な行為でダイエットフードを食べることを拒否しました。

甘いのは重々承知ですが、仕方なく次はネットで色々と探して、原材料が新鮮な鶏肉で添加物がほとんど入ってない、穀物不使用のやや高級な国産フードを購入しました。今まで与えていたブランドのキャットフードと原材料が似ていたからです。ただし、こちらは添加物がほぼ入ってないので、健康にも良くて高級です。

やはり高級なキャットフードは美味しいのか、反抗的な態度をとっていた猫が態度を改め、ガリガリとフードを噛み締めているのを見て、私たちの判断は正しかったと思いました。

猫によっても好みがはっきり分かれているので(私たちの猫は多分とても繊細なのだと思います)体重が気になったり、フードを変えようと考えている人は、フードを無駄にしないためにも小袋でまず買ってから試してあげるのがいいと思います。

  • 【記事下】アドセンス

サイトマップ