にゃんたす|猫の健康とキャットフードとしつけのお悩み解決

猫のお悩み解決!安全・安心な猫の暮らし・にゃんこお助け隊

14歳になるアメショくんは食後に吐いてましたが、粒が小さい無添加キャットフードにしたら改善

アメリカンショートヘア
私は関西在住の38歳、会社の経理を担当しています。母子家庭で、娘が3歳の時に兄弟がほしいと言ってダダをこね、仕事もあるし手間がかかるワンちゃんは無理なので、猫ちゃんなら、ぎりぎり飼えるかなと、ペットショップを見に行って、出会ったのが、生後二か月のアメショのオス。名付けてレモンくんでした。

名前の由来は、娘曰く目がレモンみたいだから、ということなのですが、猫の目の色はグリーンです。そんな娘と猫レモン君はすくすく大きくなり、娘は高校2年になりました。レモン君は14歳、人間でいうと72歳!?結構なじーさんです。でも、病気一つしない元気で親孝行な猫です。

10歳ころから、キャットフードを食後に吐くようになりました

ですが、10歳を過ぎたあたりから、今まで食べていたキャットフードを食後にしばらくすると吐くようになりました。どこか体調が悪いような、病的な感じはしないし、吐いた後は普通に元気なので様子を見ることにしました。

調べると猫ちゃんは、毛づくろいなんかで毛玉を吐いたりすることもあるようなので、そういうことなのかな、とか思っていました。キャットフードはドラッグストアやホームセンターなどで売っているごく普通の成猫用のもので、無添加と記載されているものを購入していましたし、問題ないものだとばかり思っていました。

ですが、ある日レモン君がごはんを食べている様子をじっくり観察してみたところ、口に入れるけどうまく噛めなくてぽんぽん飛ばしていました。ちゃんと噛めていることもあるのですが、飛ばすか、噛めずに丸呑みしておりました。

今まではちゃんと食べられていたはずなのに、これはもしや、老い?歯が悪くなった?年齢のせいなのかもしれないと思い、そのフードの粒を軽く叩いて半分くらいに割ってみました。そうすると、口に入りやすいようで噛むのも楽そうにしていました。

キャットフードを割ったり、すりつぶしたりして与えました

フードを丸呑みしてたから食後に吐いたりしていたのもあるのかもしれない、そう思いしばらくは、フードをすりつぶしたり、軽く割って食べさせていました。すると、吐く回数が減ったので、やっぱり消化不良をおこしていたのかもしれません。

次に新しいのを購入する際は、なるべく小さめの粒のものにしようと考えて購入しました。それと、吐くのが年齢が原因だったとしても、ぼちぼち、高齢用のフードに変えてあげたほうが良いのかもしれないと思いました。

調べてみたら、高齢猫用はもちろん下部尿路、腎臓ケアなどいろいろあることがわかりました。ドライフードは水分が少ないので、あまりお水を飲まない猫ちゃんには腎臓に負担がかかるようです。

高齢用で粒が小さく無添加のキャットフードを食べて元気に14歳!

幸い、レモン君はお水もたくさん飲むので今のところ心配はないように思いますが、念のため買い替えは、腎臓ケアがあるもので、高齢用で粒が小さく無添加のキャットフードを選びました。その後、新しいフードを順調に食べて今は14歳、毎日元気です。

これからもきちんと食事の様子を観察して、年齢とともにおとずれる変化に敏感に気付けるようにしたいと思います。大切な家族ですから。

  • 【記事下】アドセンス

サイトマップ