にゃんたす|猫の健康とキャットフードとしつけのお悩み解決

猫のお悩み解決!安全・安心な猫の暮らし・にゃんこお助け隊

毛艶と目やにが気になり、外国産の無添加の魚系のキャットフードに買い替えた

シャム猫ミックス
九州在住の医療関係で働く20代の女性です。実家で両親と猫ちゃん1匹と暮らしています。私は、猫ちゃんと暮らしてまだ1年と少しの新米の飼い主です。猫の種類は、シャムミックスで1歳の男の子。とんでもないわんぱく小僧。暴れん坊将軍です。

物心ついた時から、ワンちゃんとはずっと暮らしてきましたが、猫ちゃんとは暮らしたこともなく、どちらかといえば犬派でした。そんな私ですが、ある動物の保護サイトで今の子を偶然、見つけた瞬間に、なぜか直感でこの子と暮らしたい!と思ってしまったのが猫ちゃんと暮らすことになったきっかけです。一目惚れでしょうか?(笑)

最初は、何も考えずに国産の穀物類が多く含まれるキャットフードを与えていました

猫ちゃんがやって来た当初は、ドラッグストアで購入した有名メーカーブランドのキャットフードや、同じメーカーのもののウエットフードやミルクをあげていました。国産ではありながらも、穀物類がたくさん含まれていて、そこが気になりました。

でもまあ喜んで食べてくれていたのであげてました。その頃は、食べたいだけ、ねだられると欲しがる分だけあげていました。あのちょうだいって可愛い目で見つめられると嫌と言えず・・。

ですが、まだ若いのに毛艶が無いように思えて気になり始め、目やにがすごく出て、拭いても拭いても、すぐについてるのが気になり始めました。何かおかしいなと思い始め、去勢手術をしたのをきっかけに、キャットフードや口に入れるものに対して考えるようになりました。

肥満にならずに、おいしいもの。そして目やにによくて毛艶も良くしてくれるもの。本格的に変えようと思いたち、ネットで調べまくり、これなら毎日美味しく食べてくれるに違いない。健康にもいいはずだ。食いしん坊王子も満足するだろうと、まずは少量のサンプルを取り寄せてご飯を変更したのは三ヶ月くらい前になります。

最初の鶏肉系のキャットフードは失敗しました。食べません

買い換える時に検討したのは、うまい!と言ってくれそうなもの。肥満にならないようなもの。長生きするのに良さそうなもの。健康面を重視して選びはしましたが、好き嫌いが激しく一度、うまくないと思ったものはもう食べてくれない子なので、とにかく続けて毎日食べてくれるようなキャットフードにしたかったんです。

まず最初にこれにしようと決め、買い換えたフードは完全に失敗しました。匂いを嗅いではくれたものの、全く食べてくれなかったです。その理由が、私の個人的な考えにはなりますが、少しずつ切り替えをせずに、突然その新しいフードへ変えてしまったこと。そして、主な原材料がチキンだったことではないかと考えられます。

うちの子は、チキンが苦手だったのです。猫は肉派だとネットでよく見かけますが、うちの子は完全に魚派でした。思い返せば、大好きなおやつがあって、おやつだよと言うと走ってくるほど。そのおやつが好きなのですが、空になったおやつの袋をいつまでも舐めているような子なのです。そのおやつは魚が原料です。でもチキン味のおやつには見向きもしないんです。

過去のキャットフードもチキン味をあげたら、あんまり食べずに他のをあげると完食することをすっかり忘れていました。健康面やうまいといってくれそうなものを重視し、ネットの意見を参考にしすぎたあまりに、猫の味の好みを忘れて失敗してしまいました。

毛づやと目やにも改善しました。ネットにはたくさん情報がありますが鵜呑みにしないこと

二度目は慎重に選び、成功しましたので、現在はそのフードを食べてもらっています。外国産ではありますが、猫のことを考えに考えてつくられたものなので、安心して食べてもらっています。

まず、主原料が魚を使ったものであり、着色料などの添加物がなく、4Dミートも含まれません。お値段は少し高いのですが、カワイイ暴れん坊王子のためです。仕方がありません。何より、うちの子もうまいと思ったようで、空になったお皿を舐めえ最後まで味わってくれていますので、このままこれでいきます。

また、毛艶と目やにもかなり改善されました。毛づやは明らかに違います。友達が遊びにきたら、「頻繁に猫のシャンプーしてるの?」「ブラシもかけてるの?」ときかれるくらい、以前とは違って綺麗になりました。目やにもほぼ気にならないくらいに改善しました。やっぱり、食事の影響は大きいですね。

猫ちゃんのご飯の切り替えで悩んでいる方は、一番に自分が一緒に暮らす猫ちゃんのことを考えて切り替えをして欲しいなと思います。ネットには、たくさんの情報があり参考にもなりますが、あくまで参考であって、全てが正しいわけではなく、すべての猫に当てはまるわけではないので鵜呑みにしないで欲しいと思います。

  • 【記事下】アドセンス

サイトマップ