にゃんたす|猫の健康とキャットフードとしつけのお悩み解決

猫のお悩み解決!安全・安心な猫の暮らし・にゃんこお助け隊

猫なのにかつおアレルギー。国産の低アレルギーキャットフードを何種類かローテーションして与えてます

雑種
私は普段は建設会社の経理事務のパートをしている40代主婦です。主人と小学生の子供と11歳になる猫のミー(女の子)と暮らしています。

ミーは生後すぐに捨てられていたところを保護しました。その時はまだ目も開いておらず、生まれて数時間しか経っていなかったと思います。人間の赤ちゃんのように、3時間おきにミルクを与えて、大切に大切に育てました。

初めは、こんなに小さくて生きられるかな?と心配でしたが、いっぱいミルクを飲んですくすくと育ち、離乳食を経てドライのキャットフードを食べてくれるまでになりました。動物の生命力は凄いですね!あんなに弱々しくて小さかった子がドンドン大きくなりました。

アレルギーなんて考えず、マグロや鰹の魚味のキャットフードを与えてました

でもその時は、ミーにアレルギーがあるなんて考えもせず、スーパーやホームセンターなどで買える市販のキャットフードをあげていました。お魚味の方が好みだったので、マグロやカツオが入っている国産と表示されているものを選んでいました。

3歳を過ぎたころ、ミーがお腹をなめている時間が増えてきました。毛繕いでもしているのだろうとあまり気にしていなかったのですが、ある日、おへその周りの毛がほとんど抜けてなくなっていることに気づいたのです。

びっくりして動物病院に連れて行くと、先生から何かのアレルギーだと聞かされました。血液検査でアレルゲンを調べることはできるが、特定することは難しいといわれ、とりあえず動物病院でしか販売していない国産の低アレルギーキャットフードを買って帰りました。

国産の低アレルギーキャットフードは食べてくれません

早速、家に帰ってそのキャットフードをあげてみたのですが、味がたんぱくなのか、いつものように食べてはくれず、そんな日が4~5日続いて、こんなに食べなくて大丈夫なのかな?と心配になってきました。

そうだ!鰹節をかけてあげよう!あまりにも食が進まないので、苦肉の策として大好きな鰹節をかけてあげようと思い、ペット用の鰹節をキャットフードにかけてあげてみました。すると、うそのようにたくさん食べてくれるようになったのです。

よかった!とほっとしたのも束の間、今度は毛の抜けた部分に赤い湿疹が出てきました。かゆくてずっとなめているからか、毛のない範囲がどんどん広くなっていきます。

今回は病院で鰹アレルギーだと判明しました。猫なのに

仕方なく、もう一度病院へ行き事の経緯を説明しました。すると先生から驚きの言葉が!「猫でも鰹アレルギーの子がいるんだよ。もしかしてそれじゃないかな?」今度はアレルギー検査で調べてみるとその通り。

猫なのに、鰹アレルギー。本当にびっくりしました。私はご飯をきちんと食べてほしいと思い、鰹節を大量にかけていたのです。そのせいでアレルギー症状が悪化していたのです。

それからというもの、キャットフードを買うときは原材料に鰹が入っているかどうかを必ず確認しています。また、同じキャットフードをずっとあげ続けると、湿疹ができてしまうので、何種類かをローテーションであげることで症状も落ち着きました。

猫によっても違うと思いますが、猫にもアレルギーがあるという事を知らない方もたくさんいると思います。これを読んだ方が知るきっかけになってくれたら嬉しいです

  • 【記事下】アドセンス

サイトマップ