にゃんたす|猫の健康とキャットフードとしつけのお悩み解決

猫のお悩み解決!安全・安心な猫の暮らし・にゃんこお助け隊

「獣医推薦のプレミアムフード」でも安全ではない!キャットフードは購入前に成分を確認すること

雑種
私は近所の自転車部品の卸売業の会社で営業事務をしている50代です。夫と夫の母、娘との4人で生活してます。5年前にミックスのオスの子猫を夫が貰ってきてくれました。

子猫の父親がシャム猫のせいか、大きくなるみたいで、生後3か月と聞きましたが普通の子猫の5か月ぐらいの体格はありました。実は、この子の前に保健所からメスの子猫を貰って来ていましたが、私の不注意で、すぐに亡くしてしまったのです(本当にかわいそうな事をしました!)

今度の子は、とにかく元気に育てたい!と、キャットフードには気を遣って色々と試していました。結局、泌尿器ケア(アメリカ製)のキャットフードに落ちつき、アマゾンの定期購入をしてずっと使っていました。

体重が7kgを越えたのでダイエットキャットフードにかえました

そのうち、体格が良すぎるようになり、体重が7キロを超えた頃に同じく、ダイエット用のキャットフード(アメリカ製)に切り替えました。これに切り替えると少し体重が落ちたのですが、ウンチがコロコロになり。2日に1回しか排便しなくなりました。

ウンチの片づけをしなくて良いのは、飼い主は手間が省けて良いのかもしれませんが、猫の身になって考えればお尻が痛くて、お腹が詰まって苦しいのではないかと思います。

それで、このキャットフードは止めて市販のフランス製のキャットフードにしました。商品パッケージに「獣医推薦」と記載があるブランドだから安心だと思ったのです。ところがそれが失敗でした。

泌尿器ケアなのにミネラルを多く含むキャットフードには納得できません

昨年の夏ごろに猫が血尿を出したのです。もちろん「ダイエット&泌尿器ケア」の商品だったので、驚いて獣医さんに駆け込みました。

そして、いつも行く近所の動物病院の獣医さんから話を聞くと「どんなブランドのフードでも市販の商品は猫がたくさん食べて早くまた購入して貰うために、ミネラルの多い配合になっている」そうで、ミネラルが多いと尿石が出来やすいために血尿がでると言われました。

「泌尿器ケア」と謳いながら、実はミネラルの多い配合というのは納得できません。しかし、これが市販フードの実態のようです。そこで今はその獣医さんから、別のフランス製のキャットフードを購入しました。これは動物病院だけに置いてるので、市販品とは成分が大きく異なると言われました。

獣医から直接購入したキャットフードで治りました

その後、血尿は止みウンチも朝晩2回、長く繋がったものを排出するようになりました。ウンチが良く出るというのは、人間も気分が良いので、猫もきっと快適なのだと思います。

お値段の高いプレミアムフードなら安心安全だと思っていました。でも本当は違っていたのはがっかりでした。

「獣医さんが推奨する」がキャッチコピーのキャットフードは、我が家の猫にとっては危険なキャットフードでした。キャッチコピーを鵜呑みにするのは良くないと思います。まずは、購入前に成分と原材料をしっかりと確認するべきでした反省です。

そして、常に猫の健康状態をよく見てキャットフードを替えたり、近所のかかりつけの獣医さんに相談するなど、気を付けて病気予防をしなくてはなりません。猫は喋る事が出来ないので飼い主がきちんと配慮しなくてはと痛感しました。

  • 【記事下】アドセンス

サイトマップ