にゃんたす|猫の健康とキャットフードとしつけのお悩み解決

猫のお悩み解決!安全・安心な猫の暮らし・にゃんこお助け隊

キャットフードの1日の正しい量はどのくらい?子猫・成猫・老猫別に解説

アメリカンショートヘア
キャットフードを与えると、食欲旺盛にガツガツ食べる猫ちゃんですが、与えている量は本当に適切ですか?あまりに美味しそうに食べるので、ついつい餌の量を増やしてしまいがちになるのが親心ですが‥。

もしかすると、ガツガツ食べるのは、普段与えている量が適正量と比べて少なすぎて、空腹なのかも?と心配になったことはありませんか?

逆に、食が細くて食べない猫ちゃんの場合は、栄養不足で倒れたり、病気にならないかと心配になりますよね?

量が多すぎると肥満になって健康に悪いですし、逆に少なすぎると栄養不足になりますし、空腹とストレスで不健康になってしまいます。 ダイエットは猫にとってツラいものですし、空腹のストレスも耐えがたいものでしょう。

飼っている猫ちゃんにはいつまでも元気で長生きしてもらいたいですよね?この記事ではそのために必要なキャットフードの1日の適切な量や計り方について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

「どんな猫ちゃんにも当てはまる、正しい1日の適正な量」は存在しない!
食べている猫たち
ただし、ここで説明しているのはあくまでも目安です。「どんな猫ちゃんにも当てはまる、絶対に正しい1日の餌の適正な量」は存在しません。理由は、個体差があるからです。

例えば、とても活発で運動量の多い猫ちゃんなら、たくさんエサをあげても良いでしょう。逆に、食が細くて、運動量が少ない猫ちゃんなら、少量のエサでも大丈夫です。

このように、飼育環境や生まれ持った体質、年齢などによって、1日の適切な量が変わるのは当然ですよね?

そして、これからご説明する目安をもとにして、最終的には「あなたが飼っている猫ちゃんにとって、最適な1日のエサの量」を把握できるようにしてくださいね。

個体差があるから、あなたの飼っているネコちゃんにとって、最適な1日・1回のエサの量を把握する事が重要だよ!

また、子猫や老猫を飼われていて心配な方は、1日の餌の量を見直す前に、まずはご近所の動物病院で相談する事をオススメします。

まずは現状をチェック!体型を把握しよう

猫ちゃんの現状を把握しておきましょう。あなたの猫ちゃんにとって適正な1日のエサの量を把握する際に、絶対に必要です。現時点で太っているのか、やせているのか?把握できると、これから餌の量を増やせば良いのか?減らせば良いのか?わかります。

まずは体型をチェックします。これは数値で計測するわけでなく感覚的なチェック方法ですが、BCS(ボディ・コンディション・スコア)というものを利用するのが一般的です。(参考:環境省「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」パンフレット)

やせすぎ

肋骨が見えている。肋骨が脂肪に覆われず、容易に触ることができる。横からみた時にお腹にかけて極端に深くへこんでいる。

このような状態なら、食事の量を増やしましょう。理想的な体型になるまで量を調整します。まずは、これからご説明する目安の1日の量を与えてみて、10日ほどしたら再度、体型と体重をチェックしてください。

理想的な体型

肋骨は見えていないが、少しの厚みの脂肪で覆われていて、触ると肋骨の隆起がわかる。横から見たときもお腹に適度なくびれがある。

理想的な体型なので、現状の食事量で問題無いと思います。どうしても心配なら、これからご説明する目安の1日の量を与えてみて、10日ほどしてから再度、体型と体重をチェックしてください。

太りすぎ

肋骨が見えない。脂肪に覆われていて、触っても肋骨の隆起がわからない。上から見るとウエストのくびれが無い。横から見てもお腹にくびれが無い。

このような状態なら、食事の量を減らしましょう。理想的な体型になるまで量を調整します。まずは、これからご説明する目安の1日の量を与えてみて、10日ほどしたら再度、体型と体重をチェックしてください。

次は、体重を把握しよう

次に、体重を把握します。BCSは感覚的な判定方法ですが、こちらは数値でしっかりと計測しておきます。

体重を測定する時の注意点ですが、体重計に猫ちゃんをのせて、静止させるという事です。じゃないと、正確に体重が量れません。こんな感じでおとなしく体重計にのってくれるなら問題無いですね(^^;

 
でも、体重計にのって静止してくれないなら、人間と一緒に量ればOKです。まずは、あなたが猫ちゃんを抱っこして、一緒に体重を量ります。

次に、あなただけ一人で体重計にのって体重を量ります。猫ちゃんを抱っこした時と、あなたが一人でのったときの差が、猫ちゃんの体重になります。これで、現状の体重が把握できます。

成猫のキャットフードの適切な1回の量は?1日の目安は?


まずは、キャットフードのパッケージの袋に1日の給餌量やカロリーの目安が記載されていますので、そちらを参考にしてください。

こちらは、手元にあったキャットフードの袋に記載されていた1日の給与量の説明です
キャットフード1日の給餌量
または、ちょっと専門的ですが安静時エネルギー要求量(RER)や1日あたりエネルギー要求量(DER)などで厳密に計算する方法もあります。(参考:カロリー要求量計算できますか? https://www.fanimal.jp/article16030)

ただし、どんな方法で算出しても、結局はあくまでも「目安」に過ぎません。本記事で紹介している方法で、「あなたの猫ちゃんにとって最適な1日の量」を把握してあげることが最も大切なことです。

ここでは、説明の便宜上、成猫に与える餌の適正カロリーは体重1kgあたり約80kcalが目安とします。(出典:かわいい猫との暮らし方・しつけ方 成美堂出版 P62〜67)

一般的な成猫の体重はオスで5kg前後、メスで3kg前後になります。 計算すると1日に必要なカロリーはこれくらいです。

成猫(1~7歳)の1日に必要なカロリー
※1kgあたり約80kcal必要なので‥
・一般的なオス:体重 5kg × 80kcal = 400kcal
・一般的なメス:体重 3kg × 80kcal = 240kcal

もしあなたの猫ちゃんの体重が3.5kgだとすると、

3.5kg × 80kcal = 280kcal(1日に必要なカロリー)

キャットフードにはドライやウェットなどの種類がありますが、パッケージや商品詳細にカロリーが記載されていますので、これを元に計算してみましょう。

例えば、体重が2.5kgの1歳のメスの場合なら‥
体重が2.5kgの猫ちゃんに1gで3.3kcal(100gで330kcal)のドライフードを与えるとして、成猫の餌は朝晩2回に分けて与えるのが良いので、1回の量はその半分になります。ですから‥
・2.5kg × 80kcal = 200kcal(1日に必要なカロリー)
・200kcal ÷ 3.3kcal = 60g(1日の量)÷ 2(朝晩合計2回) = 30g(1回の量)

計算が面倒なら、1日のエサの量を自動計算してくれるツールもあります。体重やフードのグラム当たりのカロリーなどを入力すれば、1日のエサの量やカロリーなどを計算してくれますよ。ネコのカロリー計算 – 獣医師広報板カロリー計算ツールこれは、安静時エネルギー要求量(RER)や1日あたりエネルギー要求量(DER)を使った計算を自動でしてくれるものです。獣医師さんがボランティアで運営されているサイトです。必要項目を入力すると、こんな感じで1日に必要な餌の量などの結果を表示してくれて便利ですね↓カロリー計算ツールの結果1日に必要なエサの量を自動計算するツールはこちら

猫のカロリー計算をしてくれるアプリもありますよ。スマホだからエサを与える時にチェックできるので便利ですね「猫のカロリー計算・キャットフード量の計算 NANA」(AndroidNANA

「猫カロリー計算 Calorie Calculation for Cats」(iPhone)ただし、こちらは有料なので注意してくださいCalorie Calculation for Cats

くどいようだけど、どんな方法で算出しても、結局はあくまでも「目安」に過ぎないよ!本記事で紹介している方法で「あなたの猫ちゃんにとって最適な1日の量」を把握してあげてね♪

これで餌1回の適切な量がわかりましたね。 計量カップや普段使っている猫用食器に入れてクッキングスケールやキッチン計りなどで計量してみましょう。 成猫の餌は朝晩に分けて与えればいいので、日中に飼い主がいないご家庭でも大丈夫です。

「わざわざ量を測るの?なんだか面倒だなぁ」と思ったかもしれません。

でも、器に入れて1度計量しておけば、次回からはわざわざクッキングスケールなどで測る必要はありません。

メモリなどを目安にして、簡単に目測でわかります。ちゃんと測らないと、与えすぎて、気付いた時にはおデブな猫ちゃんになっていた‥という事がありますよ。

1日に必要なキャットフードの量を正確に把握するメリット
キャットフードを食べる猫
1日に必要なキャットフードの量がわかると、そこから計算して1ヶ月の量がわかります。キャットフードを切らすわけにはいきませんので、定期便やまとめ買いをするときに1ヶ月の必要量がわかると便利ですね。

聴診器をあてられる猫
さらにメリットがあります。あまり食べない時に、体調不良で食べないのか?そもそもキャットフードを与えすぎでお腹いっぱいで食べないのか?すぐに判断できます。また、怪我や病気で入院した時も、病院に持って行くキャットフードの必要な量が正確にわかります。

子猫のキャットフードの1回の量は?1日にどのくらい与えれば良い?

雑種

・キャットフードのパッケージの袋に1日の給餌量やカロリーの目安が記載されていますので、そちらも参考にしてください。
・または安静時エネルギー要求量(RER)や1日あたりエネルギー要求量(DER)から簡単に必要な量を計算してくれるツールもあります。1日に必要なエサの量を自動計算するツールはこちら
・ただし、どんな方法で算出しても、結局はあくまでも「目安」に過ぎません。本記事で紹介している方法で、「あなたの猫ちゃんにとって最適な1日の量」を把握してあげることが最も大切なことです。

それでは次に、仔猫についても解説します。子猫(生後0~12ヶ月)のキャットフードの1日の量の目安としては下記の通りです。

※この表はあくまでも目安です。子猫の1日に必要なカロリーは個体差があり、成長度合いによっても大きく変わります。(出典:かわいい猫との暮らし方・しつけ方 成美堂出版 P62〜67)

育ち盛りの子猫は成猫の3倍も栄養が必要な時期があります。 10週齢~20週齢のキャットフードはその後の成長にとって特に大事なので、必ず必要な量を与えてください。日中の餌やりが難しい場合は、家族や親戚・友人に餌やりを頼みましょう。

繰り返しますが、この時期に与えるキャットフードは特に重要です。添加物が入っていない、新鮮な肉を原材料とした良質なプレミアムフードを与えてください。生後1歳未満の仔猫の時期は、しっかりとした健康な体をつくる大切な時期です。

健康で丈夫な体であれば、病院に行くことも少なくなり、医療費の負担も減り、結果的に経済的ですよね。それになにより、猫ちゃんには元気に長生きして欲しいですから。特に子猫には良質のキャットフードをあげてくださいね。
ミルクを飲む子猫
続いて、子猫に与える餌の種類です。※こちらも目安です。子猫に必要な栄養には個体差があり、成長度合いによっても大きく変わります。(出典:かわいい猫との暮らし方・しつけ方 成美堂出版 P62〜67)

生後3ヶ月を過ぎると成長がおだやかになってきますので、栄養バランスが良い子猫用のキャットフードを食べさせてあげましょう。

例えば、30週齢で体重1kgの子猫の場合は‥
30週齢で体重1kgの子猫に1日3回に分けて1gあたり4.4kcal(100gで440kcal)のキャットフードを与える時の1日の量を計算してみましょう。
・100kcal(上記表の30週齢より) × 1kg = 100kcal(1日に必要なカロリー)
・100kcal ÷ 4.4kcal = 22g(1日の量)
・22g ÷ 3回(上記表の30週齢より) = 7.3g(1回の量)

「えっ?育ち盛りの子猫にたったこれだけ?少ないのでは?」と不安に思われたかも知れませんね。

でも、子猫用のキャットフードは栄養価が高く、子猫が食べられる量も多くはありませんので、これで大丈夫です。適切な量をしっかり計量して与えてあげることが重要になります。

老猫(7歳以上)のキャットフードの適切な1日の量 はどのくらい?

シニア猫

・キャットフードのパッケージの袋に1日の給餌量やカロリーの目安が記載されていますので、そちらも参考にしてください。
・または安静時エネルギー要求量(RER)や1日あたりエネルギー要求量(DER)から簡単に必要な量を計算してくれるツールもあります。1日に必要なエサの量を自動計算するツールはこちら
・ただし、どんな方法で算出しても、結局はあくまでも「目安」に過ぎません。本記事で紹介している方法で、「あなたの猫ちゃんにとって最適な1日の量」を把握してあげることが最も大切なことです。

ここでは、説明の便宜上、老猫(シニア猫)の1日に必要なカロリーの目安を体重1kgあたり60kcalとします。(出典:かわいい猫との暮らし方・しつけ方 成美堂出版 P62〜67)

成猫に比べて必要な栄養素の量も変わってきますので、老猫用のキャットフードに切り替えると効率よく栄養を摂取できます。なお、持病があって薬を与えていたり、療法食・療養食のキャットフードを食べている猫は、必ず事前にかかりつけの動物病院などで相談して下さい。

キャットフードの種類はドライ・ウェットどちらでも良いですが、高齢で歯が弱ってきた猫にドライフードを与える場合は、お湯でふやかしてあげると食べやすくなります。

40度程度のお湯で10分程度の時間ふやかします。お湯の量ですが、いつも使ってる猫用食器(フードボウル)になみなみと注いであげましょう。柔らかくなりますし、水分も一緒に摂れて一石二鳥です。

また、1度に食べられる量が減ってきたら、1日2~4回に分けて餌を与えましょう。

9歳で体重3kgのシニア猫の場合は‥
体重3kgのシニア猫に1日3回に分けて1gあたり3.5kcal(100gで350kcal)のキャットフードを与える時の1日の量を計算してみます。
・60kcal × 3kg = 180kcal(1日に必要なカロリー)
・180kcal ÷ 3.5kcal = 51g(1日の量)
・51g ÷ 3回 = 17g(1回の量)

猫に与えるキャットフードの1日の量まとめ

まずは体型と体重をチェックして現状を把握します。そして、目安の1日の餌の量を与えてみて、10日くらいしてから再度、体型と体重を測定します。

もし、太っている猫が痩せたら、餌の量をそのまま変えずに、理想の体型になるまで続けます。逆に、太っている猫に体型と体重にあまり変化がなければ、少し減らします。これで、徐々にあなたの猫ちゃんにとって適正な1日の量が把握できます。

なお、あまり急激に1日・1回のキャットフードの量を減らしたり増やしたりするのはやめましょう!猫ちゃんの体に負担をかけてしまいます。目安の量と実際に与えている現在の量が大きく乖離していても、徐々に減らすまたは増やすようにしてください。


子猫、成猫、老猫と、年齢によって必要な1日の量は違ってきます。ここではあくまで目安だけを解説しています。当然ですが、個体差もありますから、この目安通りにはならないことも多々あります。

猫ちゃんのそれぞれの体質や性格を見極めてあげてください。飼っている猫ちゃんは自分でキャットフードを選べません。体の調子が悪くてもしゃべって伝えることもできません。

特に、仔猫や高齢猫を飼われている方は、心配な場合は1日の餌の量を見直す前に獣医さんに相談する事をおすすめします。

猫ちゃんの健康を守れるのは、飼い主のあなただけです。しっかりと健康管理をしてあげてくださいね。

サイトマップ