にゃんたす|猫の健康とキャットフードとしつけのお悩み解決

猫のお悩み解決!安全・安心な猫の暮らし・にゃんこお助け隊

膀胱炎になったのでph値のバランスをとるキャットフードを与えています

雑種
私は千葉に住む30代主婦です。現在は主人と長女、私の両親と祖父の6人で実家に暮らしています。13歳のメス(雑種)を飼っています。

飼い始めた頃は、まだ私が1人暮らしをしており、購入しやすかったのでドラッグストアやスーパーマーケットなどで市販されている、穀類・肉類・魚介類が主な原材料のドライフードや、魚介類を使用した缶詰をあげていました。

ドライフードの味はそこまでこだわりが無いようだったので、お魚の味とお肉の味、野菜の味をローテーションで与えていました。猫が4歳になった頃、私が実家に戻ることになり、必然的に一緒に引っ越すことになりました。

当然ながら、新しい環境にはすぐに馴染めず、4~5日はビクビクしながら生活していましたが、トイレの粗相をすることもなく、次第に以前のように生活してくれるようになり安心していました。

ある日、血尿をしていました!膀胱炎だと診断されました

しかし、ある日から、トイレに入ると何かを訴えるかのように鳴き始めたのです。以前から、おしっこをしながら鳴くこともあったので、さほど気にはしていなかったのですが、トイレの砂を確認すると全くおしっこが出ていないこともしばしばありました。そしてある時、血尿をしているのを見つけました。

近所の動物病院へ連れて行って診察してもらうと、膀胱炎だと診断されました。尿の成分が、ストレスが原因なのか乱れているようで、専用のキャットフードでph値のバランスを取るように言われました。

それ以降、尿のphが弱酸性になるよう、ミネラルなどの栄養バランスが調整されたドライフードを与えるようになりました。すると、おしっこも正常に排泄できるようになり、トイレの時に鳴くこともぐっと少なくなりました。

しかし、治療の為に作られた商品なので、ずっと食べさせ続けるには金額の面で大変なこともあり、半年ほど与えて症状が治まったので、通常のドライフードに戻してみることにしました。

市販のドライフードに戻したら、すぐに尿が出にくくなって症状が悪化する

はじめの2~3日はなんの問題もなく過ごせましたが、しばらくすると、また排泄時に鳴きだしたり、尿の出が悪くなってきました。あわてて動物病院で購入したドライフードを食べさせたところ、また2~3日で症状が落ち着きました。

その後も、何度か他のキャットフードを試してみましたが、ミネラル調整されたキャットフードでないと症状が出てしまうようでした。今は、ずっとphをコントロールしてくれるドライフードを食べさせています。

値段は高いですが、可愛い猫のためです。仕方がありません。ずっと一緒に暮らしたい大切な家族ですから、やはり健康に気を付けてあげたいという思いは強いです。

猫でも人間と同じで口に入れる物は安心できるものを食べさせたいと思っています。膀胱炎の症状を抑える為に、病院で勧められた今のドライフードに落ち着きましたが、他の市販の物を選ぶ時でも、なるべく原材料を気にしたり、栄養バランスが取れる物を選びたいと思っています。

  • 【記事下】アドセンス